INTERVIEW クライアントインタビュー

税務・会計をはじめ経営全般をサポートし、
100年続く信頼関係を次世代につなぐ。

CLIENT PROFILE お客様紹介

株式会社サンワ

相談役 山根茂様

事業内容
デザイン制作からDTP・編集、各種販促企画まで手がける印刷業
資本金
12,000,000円
従業員数
107名(2017年9月1日時点)

先代から続く信頼関係が今日まで

小島

こうやってお互いの家業の歴史についてじっくりと話す機会って今までなかったですよね?

山根相談役

そうそう、私は最初小島代表のお父さんの時からお世話になっていて、懐かしいなぁ。

小島

当事務所に依頼するきっかけは何だったのですか?

山根相談役

当社も小島さんの事務所も当時、神保町交差点付近にある同じビルの同じフロアでご近所付き合いをしていたことがきっかけです。そのうち、税務関連のサポートをお願いするようになっていったんだよね。

小島

当時は、どんな感じでしたか?

山根相談役

事業をスタートして間もない頃で社員も5人だったかな。主に官公庁や自治体等と取引をしていてね。しばらくして事務所の移転やクライアント先も民間企業が多くなっていったなぁ。

椎名

前代表に対して、どのような印象を持たれていましたか?

山根相談役

実直な性格で、妥協しない真面目な人でした。普段あまり多くは喋らないけど、ここぞという時にはビシッと意見を言ってくれたことが印象的だったね。

小島

私が父に対して持っている印象と同じですね。

山根相談役

小島代表はキビキビと動くよね。真面目なところがお父さんと似ている。 だから安心して任せられるんだよね。

小島

お褒めの言葉、ありがとうございます。

会社が成長していくタイミングで税務・会計をサポート

小島

私が父の事務所に入所した時、最初は個人商店や小規模の会社をサポートしていました。
そこから経験を積んでサンワさんの担当になった時は、初めて大きな企業のサポートが出来る!と、すごくうれしかったことを覚えています。

山根相談役

当社が、さぁこれからだ! というタイミングで担当になりましたね?

小島

はい。まだ税理士として駆け出しの頃だったということもあり、いろいろと学ばせてもらいました。パソコンが普及し始めた当時の会計ソフトを使い、資料を作るのに悪戦苦闘していた記憶があります。当時は、パソコンを使いこなせるようになったことと、一人前に自力で資料を作れるという達成感を味わって自己満足していましたね。

山根相談役

いや、小島さんの仕事にとても助かっていましたよ。

小島

そうでしたか? それを聞いてちょっと安心しました。私がサポートした企業の発展を長年見守ることは今も昔も変わりなく、やりがいを感じます。特にサンワさんは一番古いお付き合いなので特に思い入れがあります。

椎名

お二人の話を聞いていると、うらやましいです。私もいずれはそのようなお客様と出会い、長年のお付き合いの中で、信頼される関係を作っていきたいと思います。

経営視点からのアドバイスで100年続く関係を

椎名

60年という長いお付き合いですよね? 戦後少し経ってから創業されたサンワさんですが、今日まで経済・政治情勢が変化するなかで、ターニングポイントはどこでしたか?

山根相談役

創業してしばらくは、資金面で厳しい時期もありました。当時の目標は経営状態を安定させたいと必死でしたね。それから日本が好景気になった時、(現在の場所である)テナントとして入っていたビルを自社ビルとして購入できるチャンスに巡り会いました。当時はバブルの全盛期で売り上げも、うなぎ上り。そこが当社の大きな分岐点になったかな。その当時も、もちろん小島さんに相談したのを覚えているよ。

小島

山根相談役の読みは見事当たりましたよね。あのときに自社ビルにして大正解だと思います。

山根相談役

これはいつも思っていることだけど、小島さんは税務・会計だけではなく、経営全般に際して、いつも数字を使った具体的なアドバイスをしてくれるのでありがたいなと。

小島

そう言っていただけると大変光栄です。これからもしっかりとサポートさせていただきます。

山根相談役

今後は社員に対しても、経営視点からの指導もして欲しいなぁ。

椎名

はい、どんどんリクエストしてください。

小島

次の世代になっても、変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします。

山根相談役

次の世代で3代の付き合いになりますね。100年を目指して、よろしくお願いします。

PAGE TOP