TOP MESSAGE 代表挨拶

誠実明朗

世の中に存在して良かったと思われる
事務所でありたい。

私たちの事務所は、昭和34年に創業しました。戦後の混乱期、努力する人、正直な人が損をしない世の中にしたい。その想いが、会計事務所としての出発点です。60年、正しく税務申告する人、正直に生きる人を支えてきました。
私たちは一貫して、お客様と真摯に付き合い、一緒になって考え、さまざまな問題を解決したいという姿勢で今日に至ります。コミュニケーション&コーチングの手法を用いて、お客様がめざすものを理解し、行動をサポートしながら、その先にある成果の実現をお手伝いする。そのために、専門家同士がタッグを組んだチームワークでお客様に寄り添い、ニーズにあったサービスを提供してまいります。
私たちが世の中に存在して良かった。多くのお客様に、そう思われる事務所であり続けたいと思います。

代表社員 公認会計士 税理士 小島 昇

HISTORY 歴史

お客様と歩んできた60年。
お客様と見すえる100年。

「公認会計士になろう。なぜなら、この仕事は正直者が損をしない、そういう世の中にするために社会に貢献することができる」――創業者である小島典春(小島昇の父)は、こう決心して税理士・公認会計士の受験に突進しました。この40歳前後でのひたむきなチャレンジこそ、現在の千代田税理士法人が誕生する源泉だったのです。

小島は猛勉強のかいもあり、1958年(昭和33年)に税理士試験に合格し登録されます。そして翌1959年(昭和34年)1月、神田神保町のビルの一室で小島会計事務所をスタートさせました。1960年(昭和35年)には公認会計士三次試験に合格し、徐々に業務を拡大。職員を増員して手狭になったオフィスを移転し、大会社の監査業務を行うようになりました。
その後、1978年(昭和53年)8月に、のちに2代目所長となる小島昇が事務所へ入ります。父が掲げた社訓である「誠実明朗」をモットーに、今日までお客様の立場になって一緒に考え、一緒に喜び合えるような仕事をしてきました。長年の功績が讃えられ、2009年には黄綬褒章を受章。3カ月に1回、事務所の所報として発行している「ねんりん」も父の代から受け継ぎ、現在までお客様のもとにお届けしています。
2019年(平成31年)、創業から60年。名称は千代田税理士法人と変更しましたが、スタッフ一同がお客様の立場に立って誠実に仕事をする姿勢は何ら変わりません。今、第二創業の精神で100年企業を目指して、新たな歴史がスタートしたところです。これから先も、千代田税理士法人はお客様と一緒に未来を見据えて歩んでまいります。

VIEW MORE× 閉じる

CORPORATE
PROFILE
事務所情報

法人名
千代田税理士法人
税理士法人番号3002号
 / 経営革新等支援機関
代表社員
公認会計士 税理士 小島 昇
公認会計士登録番号7560
 / 税理士登録番号46620
所在地
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-17 廣瀬ビル9階
創業
1959年1月30日
スタッフ数
11人 (2016年8月現在)
顧問数
法人約150 個人約140 (2015年実績)
連絡先
TEL 03-5217-2288 FAX 03-5217-2289
営業時間
9時30分~17時45分
ホームページ
www.chiyoda-tax.jp
連携事務所
監査業務
千代田国際公認会計士共同事務所
国際租税
An independent member of BAKER TILLY japan
弁護士業務
新埼玉法律事務所
高村法律事務所
アンダーソン・毛利・友常法律事務所
登記業務
司法書士法人池袋法務事務所
労務関係業務
宮代社会保険労務士事務所
特定社会保険労務士城戸事務所

ACCESS MAP アクセスマップ

東京メトロ東西線「竹橋駅」3b出口 徒歩5分
東京メトロ半蔵門線/都営三田線/都営新宿線
「神保町駅」A9 徒歩10分

PAGE TOP